川口春奈さん(伊藤康夫/アフロ)

写真拡大

俳優の川口春奈さん(26)が2021年4月9日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系)で、割り勘で会計した後にお釣りの計算が出来なくて困っていると明かし、視聴者の間で話題になっている。

この日、番組ではゲストの川口さんと共に、埼玉県川口市内のグルメを探訪するコーナーを放送。複数の飲食店を巡って舌鼓を打つゲストの姿を放送したが、視聴者が注目したのは、そのうちの1つであるスペイン料理店で川口さんが明かした、財布の中に大量の千円札を入れて持ち歩いているという「習慣」だ。

「お釣りをどうやって分けたらいいか分かんなくなっちゃうんですよ」

パエリアなどの料理を一通り楽しんだ後、ロケに同行していた「ホンジャマカ」の石塚英彦さん(59)から、「千円札をたくさん持ち歩いてるっていう話を聞いたんですけど」と話を振られた川口さんは、「あのー、私、バカなんで」と自らを卑下しつつ、噂が事実であると認めた。さらに、その理由として、友人と食事に行くなどした場合に、

「会計が1万6000円だと1人8000円ずつじゃないですか。でも、そこで、私が一万円札を出したらお釣りをどうやって分けたらいいか分かんなくなっちゃうんですよ」

と、割り勘による会計の際の計算が苦手であると明かしたのだ。さらに、川口さんは、

「きっかりお釣りがないように、3万円ぶんぐらいの千円札は常に(持ち歩いてます)。小銭の所もすごいパンパンです」

と、徹底して自らへのお釣りが発生しないように務めていると明かしたのだった。

このシーンに対し、ネット上では「これわかる。俺も飲み会行く時は千円札10枚持っていくようにしている」といった、「バカだから」と卑下しているのは表向きの理由で、実は川口さんは煩雑さを避けるためのライフハック術を駆使しているのではないかとする賞賛の声が上がったのだった。

しかし、川口さんのこれまでのテレビ番組での発言をひもとくと、本人が言う「お釣りの計算が出来ない」というのが、実はもっと根深い話であるということが分かるのだ。

お釣りまで「割り勘」にしてしまう!?

2019年2月25日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演した川口さんは、今回の「ぴったんこカン・カン」同様、割り勘が出来ないというエピソードを披露。さらに、そのシチュエーションを番組出演者の有田哲平さん(50)と2人での食事であると想定しながら再現した。

会計が6000円、1人当たり3000円のケース。有田さんが1万円札しか持っておらず、川口さんが有田さんに3000円を渡し、有田さんがレジで1万円札の支払いを行った。都合、4000円のお釣りが発生するわけだが、川口さんは4000円のお釣りのうち、2000円が自らのものである感じがしてしまうと公表したのだ。もちろん、改めて言うまでもないが、このお釣りは1万円を支払った有田さんのものだ。

スタジオが大爆笑に包まれる中、「本当は有田さんも千円札を10枚ぐらい持っててほしいんですよ。割った額をきっちり出せるように」と、自分へのお釣りが発生するのを避けるのは当然として、食事相手が受け取るべきお釣りが発生することすら勘違いの元であるとの考えを明かしたのだった。

これに対し、スタジオ内ではなぜお釣りを割るのかといった猛ツッコミが行われたのだった。つまり、川口さんは、たとえ自身がピッタリの額を支払ったとしても、出て来たお釣りまで「割り勘」してしまうという特異な計算方法をしてしまう人間であることを自ら明かしたのである。

というわけで、川口さんがお釣りが出ないように大量の千円札を持ち歩くのは、単なるライフハック術というよりは、「とにかく混乱したくない」ということになるようだ。

さらに言えば、今後、川口さんと食事をする芸能人は、川口さん本人はもちろん、その芸能人も大量の千円札と小銭を持ち歩き、お釣りが出ない「ぴったんこカン・カン」の割り勘を目指すべきだということになるのである。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)