埼玉高速鉄道両に設置されたインフォベール

写真拡大

 AGCとビズライト・テクノロジー(東京都千代田区)は、AGCのガラスサイネージ製品「インフォベール」が鉄道車両用サイネージとして世界で初めて埼玉高速鉄道に採用されたと発表した。埼玉高速鉄道の60車両、合計480台に導入された。11月中旬から既存デジタルサイネージの入れ替えを順次行い、2020年4月からサービスを開始する。

 浦和美園駅(さいたま市)から東京メトロ南北線・東急目黒線を経由し、東急東横線の日吉駅(横浜市)を結ぶ埼玉高速鉄道の車両に導入が決定した。車両の乗降用ドア上部4カ所に、18・5インチ(Full HD)のインフォベールを2面並列で設置する。

 AGCが開発したインフォベールは、特殊な光学樹脂と貼合技術を用いた。ガラスに直接ディスプレーを貼合わせているため、従来製品に比べガラスへの映り込みや反射を極限まで低減できる。ビズライト・テクノロジーは、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)機器との常時ネット接続により、鉄道車両内で動的な情報更新を行うことができるデジタルサイネージ媒体「ダイナミックビークルスクリーン」の運営・設置を手がける。