54歳で発達障害と診断された男性の涙「すべて失ってから言われても」

ざっくり言うと

  • 10月に、精神科で54歳にして発達障害の診断を受けた男性に話を聞いている
  • 診断を受けた帰り道は、過去の経験が思い出され涙が止まらなかったそう
  • 「何もかも失ってから発達障害と言われても困る」と、苦しい胸中を語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x