厳選!2歳馬情報局(2015年版)
【第1回:フォイヤーヴェルク】

 2012年生まれの3歳馬が世代の頂点を競った、5月31日のGI日本ダービー(東京・芝2400m)。まだその余韻もさめやらない中ではあるが、今週末からは、早くも1歳下の2歳馬たちが続々とデビューし始める。もちろん目指すは、来春の3歳クラシックだ。

 そんな2013年生まれのサラブレッドの中で、デビューが数カ月先でありながら、すでに高い評価を受けている若駒がいる。フォイヤーヴェルク(牡2歳/父ディープインパクト)である。

 フォイヤーヴェルクを生産・育成したのは、現代の日本競馬を牽引するノーザンファーム(北海道安平町)。毎年のようにGI馬を輩出する同牧場の中でも、この2歳馬は育成段階からその素質を絶賛されているという。育成を担当したノーザンファーム早来の林宏樹氏が、その理由を語る。

「本当にいい馬なんですよね。なんというか、『別の生き物』みたいです。体は420kg台(3月末時点)と小さいんですが、跳びが大きくて滞空時間が長いんです。ですから、大きい馬と一緒に走っても小さく感じません。加えて、ビュンと加速するときの弾け方が乗っていて気持ちいいんです」

 フォイヤーヴェルクの母は、ドイツのGIを2勝したナイトマジック。2009年のGI独オークス(ドイツ・芝2200m)では、後続を4馬身半突き放す圧勝劇を披露。その年のドイツ年度代表馬に選ばれた。さらに、ヨーロッパの強豪が参戦した2010年のGIバーデン大賞(ドイツ・芝2400m)では、牡馬を相手に快勝。ふたつ目のタイトルを獲得した。その他、4度のGI2着があり、まさにドイツ競馬界屈指の「名牝」と言える。

 その名牝を日本へと連れてきたのが、ノーザンファーム。世界からも注目される繁殖牝馬は、日本のトップ種牡馬であるディープインパクトと配合された。そして生まれたのが、フォイヤーヴェルクである。同馬は、この母にとって初仔となる。

 サラブレッドの初仔は、体が小さくなることが多い。フォイヤーヴェルクも牡馬としては小さなサイズだが、「各パーツがしっかりしている」と林氏は言う。

「最初は小さくてフラフラしていたんですよね。ちょっと頼りない印象がありました。調教でも、他の馬とはメニューを変えてセーブしていたんです。でも、次第に体ができてきて、小さい割に各パーツがしっかりしてきました。デビューは秋頃を予定していますが、お母さんが大きな馬なので、まだどこかで体が成長するかもしれません」

 フォイヤーヴェルクは、栗東トレーニングセンター(滋賀県)の池江泰寿厩舎に所属予定。GI6勝のオルフェーヴルなどを管理してきたトップ厩舎でも、すでに同馬への期待は高まっているようだ。

 ドイツの名牝が、日本の地で生んだフォイヤーヴェルク。「別の生き物」とまで形容された若駒は、一体どんな走りを見せるのか。ターフに登場する瞬間を心待ちにしたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara