「自分たちでミスを犯してから試合が難しくなった。なによりも我々には自信が欠けていた。辛い負けであり、嫌な夜になった」現地時間10月21日に行なわれたチャンピオンズ・リーグのグループB・第1節で、ウクライナ王者シャフタール・ドネツクに2-3と敗れたレアル・マドリーの指揮官ジネディーヌ・ジダンは、そう漏らした。29分にラファエル・ヴァランヌのオウンゴールで先制されてから約13分で3失点を喫したマドリーは、後