アフリカでは現在も児童婚が増加傾向にあり、このほどケニアで51歳の男性と結婚させられた12歳少女が当局によって保護された。少女は父親の持参金目当てによって結婚させられたものと見られている。『The Standard』『New York Post』などが伝えた。ケニアの首都ナイロビの西に位置するナロクで、父親によって強制的に結婚させられた12歳の少女がナロク児童局によって保護された。少女は51歳の男性と結婚し、その2週間後に35歳の男