ナインを鼓舞する明石商・狭間監督(右)=甲子園(撮影・北村雅宏)デイリースポーツ

八戸学院光星と接戦に 明石商監督は「はよ、家に帰りたいと思った」

ざっくり言うと

  • 夏の甲子園・準々決勝で、明石商は八戸学院光星を7−6で制した
  • 一時は6−1となったが追いつかれ、1点を争う接戦に展開
  • 監督は「ほんまに苦しかった。はよ、家に帰りたいと思った」と苦笑いした

ランキング