熊本地震から約半年、地元住民が復旧に尽力している最中に阿蘇山が噴いた。噴煙1万1000メートルを記録する爆発的噴火だった。次は何が起こるのか。昨年春から九州の異変を察知していた専門家は“2つの可能性”を語る。高橋教授のメールから約3週間後、阿蘇山が噴火《薩摩半島南端(鹿児島)、大隅半島南端(鹿児島)、足摺岬(高知)、室戸岬(高知)、紀伊半島南端(和歌山)、伊豆半島南端(静岡)、奄美大島(鹿児島)など琉