百貨店などに約1,200店の洋菓子店や喫茶店を展開しているモロゾフ(株)(TSR企業コード:660027461、神戸市東灘区、東証1部、非連結)は12月4日、2021年1月期の純利益が1,000万円になる見通しだと発表した。通期は11年連続の最終黒字を確保する見込み。

 新型コロナの影響で、出店していた百貨店や駅ビルなどが休業、時短営業などで売上高が落ち込み、原価率の上昇が響き2020年2-10月の純利益は赤字だったが、通期では黒字を確保する見通しだ。

 未定だった2021年1月期予想を公表し、売上高255億円(前年比13.6%減)、純利益1,000万円(前年10億9592万円の黒字)と減収減益を見込む。

 同時に発表した2020年2-10月は、売上高157億4,400万円(前年同期比16.1%減)、営業利益7億7,700万円の赤字(前年同期4,000万円の黒字)、純利益6億3,200万円の赤字(同2,600万円の赤字)だった。同期末の純資産額は157億700万円で、自己資本比率は70.9%と高水準を維持している。

 モロゾフの担当者は、「緊急事態宣言下では店舗を閉めざるを得ず、時短営業要請や外出自粛による影響を受けた。ただし、直近は(業績を)戻し始めた」という。コロナ禍での試みとして、「喫茶事業ではテイクアウトを実施する店舗もあり、新たな顧客開拓につながった」(同担当者)とコメントした。

 スウィーツ需要の高まるクリスマスや年末年始を控える季節。モロゾフはクリスマスケーキや限定ギフトで業績回復を狙う。


‌                               モロゾフの店舗(TSR撮影)        
最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧