頭部にハートマークを持つ子牛(画像は『LADbible 2020年2月15日付「Calf Born On Valentine’s Day With Perfect Heart-Shaped Mark On Its Head」(Credit: Mercury Press)』のスクリーンショット)

写真拡大

今年のバレンタインデーに頭に完璧なハート型の模様を持つ子牛が英領北アイルランドで生まれ、多くの人を笑顔にしているようだ。『UNILAD』『LADbible』などが伝えている。

北アイルランドのアントリム州ブッシュミルズにあるパークショウ牧場で今月14日、バレンタインデーの朝に1頭の雌の子牛が誕生した。ジャージー種の子牛は頭に大きなハート型の模様を持っており、その形は左右対称で完璧と言っていいほどのものだった。

子牛が生まれた牧場主のジェイムズ・マッコーリーさん(James McAuley)は、このハートマークを持った子牛に驚いたそうで次のように語っている。

「前にも同じような模様を持つ子牛を見たことがあるのですが、今回は生まれた日がバレンタインデーだったんですよ。その日、私の母が『この子牛の頭のハートを見て!』と言ってきたんです。」

そしてジェイムズさんは、子牛の登録用の名前を“Be my valentine(私の恋人になって)”と付けたそうだ。また子牛は穏やかな性格をしており、ジェイムズさんの3人の子供達にとって素晴らしい遊び相手になっているという。

「子供達は子牛が大好きなんですよ。ジャージー種の子牛は明らかに他の種の牛とは違う性格をしていますから。」

この子牛の写真がFacebookページ「Love Ballymena」に投稿されると、ユーザーから次のようなコメントが寄せられた。

「なんて素敵なの! ジェイムズさんはこの子牛を誇りに思えるわね。」
「完璧なバレンタインデーを迎えたって感じね。」
「私の子犬もハートの模様を持ってるのよ。」

また多くの人が子牛の写真が載った投稿を恋人や夫、妻にシェアすることで愛を伝えており、今年のバレンタインデーはハートマークを持った子牛が多くのカップルに花を添えたようだ。

画像は『LADbible 2020年2月15日付「Calf Born On Valentine’s Day With Perfect Heart-Shaped Mark On Its Head」(Credit: Mercury Press)(Credit: Caters)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)