アメリカ“フライドポテト不足”の危機

写真拡大

アメリカのフライドポテトがピンチだ。

10月の悪天候により、アメリカ、カナダのジャガイモ畑が大規模な被害を被ったため、一部農家は生産中止まで迫られる事態になっているという。ジャガイモの一大産地として知られるアイダホ州のアイダホポテト委員会の役員はこう状況を説明する。   

「フライドポテトの需要は最近目覚ましいものがありますので、業者側がその需要に応えることが出来ないのです」

一方でカナダにおいては、なんとか対処できる状況ではあるものの、今後生産地を考え直す必要があるかもしれないと業者側は見ているようだ。