アンジェリーナ・ジョリー、海外移住できない理由

写真拡大

アンジェリーナ・ジョリーは、元夫ブラッド・ピットのせいで海外へ移り住むことができないそうだ。

2人の間には18歳から11歳まで6人の子供がいるが、ブラッドが米ロサンゼルス在住のため、子供たちと一緒にいるためには、彼らが全員成人するまで、元夫の近くから離れることは無理だという。

「海外に住みたいわね。私の子供たちが18歳になったらすぐそうするわ。でも今は、彼らの父親が住む場所の近くに住むしかないの」と、米ハーパーズバザー誌最新刊に話している。

しかし、野生動物に“占領”されたカンボジアの別荘に移り住むことは、今のところないようで「この前、シマリスが家に移り住んだっていう電話をもらったわ」「追い出すべきかどうか聞かれたんだけど、(娘の)ヴィヴィアンは、感電しないようにケーブル関連にカバーを付けて、シマリスはそのまま住まわせるの一点張りだった」「でもね、地元のヘビは違った考えがあるかも」「前にあの家に滞在した時、廊下に叫び声が響いたと思ったら、友人が枕の下に巨大トカゲを見つけたのよ」「確実に私より動物たちのほうがあの家にいて、自分たちの家にしちゃっているの」と説明する。

また、旅を愛するアンジェリーナは、新たな場所を発見することが好きなそうで、そして子供たちにもできるだけ多くを経験して欲しいという。「私のお気に入りの場所は、今まで行ったことのないところ。新しいものの真ん中に放り込まれることが好きよ。馴染みのない環境を楽しむの」 「子供たちには世界で育って欲しいわ。それについて学ぶだけではなく、実際にそこに住んで世界中に友達を作って欲しい。来年は、アフリカの家という新たな開拓が待っているの」