2011年1月にリバプールからチェルシーへ移籍するも、高額移籍金に見合う活躍ができずJ1サガン鳥栖で昨年現役を引退した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス氏は、2011年冬にリバプールからチェルシーへ移籍するも、高額移籍金に対してゴールが少ないとの批判を浴びた。「良い時もあったが、安定していなかった」と当時の苦悩を英メディアで振り返った。2007年にリバプールに加入し、1年目にプレミアリーグで24得点を決める