韓国の大邱を中心とした新興宗教団体信者らの新型コロナウイルス集団感染をめぐり、検察は教団のトップを感染症予防法違反などの疑いできょう未明に逮捕した。新興宗教団体「新天地イエス教会」の教祖イ・マンヒ容疑者は2月、信者の名簿や集会場所について保健当局へ嘘の報告をして感染拡大防止のための調査を妨害した疑いがもたれてる。また、研修施設を建てる際などに教団の資金を横領した疑いもある。裁判所は証拠隠滅の