料理好きな妻が、リモートワークで「3度の食事」に頭を抱えるまで(写真はイメージ)

写真拡大

 

【写真】料理は妻の仕事なのか? 夫の言い分を聞く

11都道府県に緊急事態宣言が出されるなど、ステイホームを余儀なくされる生活が続いている。コロナによって「仲良くなった」と答える夫婦は「悪くなった」と答える夫婦の約3倍にのぼるというアンケート結果(明治安田生命)が出ている一方で、コロナ離婚やコロナ別居が話題になるなど、コロナによる生活の変化は、夫婦や家族の在り方にも影響を与えている。そんななか、都内在住の真理子さん(44)は、2度目の緊急事態宣言に頭を抱えている一人だ。その理由は「3度の食事」。コロナ禍における家族の食事問題を考える。

* * *

3度の食事に晩酌まで

 42歳の真理子(まりこ)さんは、同い年の夫、正弘(まさひろ)さんと二人で、都内の閑静な住宅街に暮らしている。年明け早々から二人ともリモートワークに切り替え、買い物も極力通販を利用するなど、感染防止対策に余念がない。

 緊急事態宣言を発令した政府は出勤者の「7割削」を要請しているが、職集や職場環境などによって、希望してもリモートワークができない人はいる。夫婦共にリモートワークができるのは「恵まれている」と自覚しつつも、真理子さんは憂鬱だった。

「食事が大変なんです。前の緊急事態宣言のときにとても疲れたので、また3度の食事を作るのかと思うと、正直、うんざりで……」

 いま、平日の真理子さんのスケジュールはこんな感じだ。

 7時に起床すると、コーヒーを淹れ、朝食を作る。ご飯とパンを交互に食べるのが真理子さん夫婦のルーティーンで、ご飯の日は味噌汁、漬物、焼き魚。パンの日はハムエッグやスクランブルエッグとフルーツを。朝はシンプルに、しかし決して抜かない。これは出勤していた頃からの変わらない日常風景だ。

 9時になるとそれぞれの部屋に移動し、仕事を開始。12時になるとランチ休憩に入る。前日までに考えておいた昼食を作って、12時半から夫婦でランチ。パスタやうどんなどの麺類が多いという。食後のスイーツも欠かさない。後片付けの時間を含め、14時までを昼休憩にあてている。通勤時間がないぶん、ゆっくりできるのだ。

 ランチが終わると仕事を再開し、15時すぎには休憩がてら紅茶や緑茶を淹れ、夫の部屋にも持っていく。リモート会議などが入らない限り、いったん17時には切り上げ、夕食の支度を開始して、18時から夕食。酒好きな真理子さん夫婦だが、どちらかでも仕事が残っている場合はアルコールはなしで食事だけとって、二人とも仕事を終えたあと、9時とか10時から、真理子さんお手製のつまみで晩酌をするのが最近の日課だ。

「在宅でも仕事の生産性が落ちないように、生活が乱れないようにと考えて、この生活リズムができあがりました。私は黙々と一人でする作業が多い仕事なので、夫との会話はいい息抜きにもなるんです」

 なんとも規則正しく、理想的なリモート生活。に思えるが、真理子さんは負担を感じていた。

「仕事と料理の往復に疲れています」

週末はホームパーティーを開く“料理上手な奥さま”だったが

 では、コロナになる前、二人はどんな生活を送っていたのか。

 そもそもは会社の同期として知り合って、30歳で結婚した。二人とも帰国子女で価値観が似ていたし、そろそろ安定した家庭を持ちたいと考えていた頃だった。夫の正弘さんは、新卒で入社した会社でキャリアアップを重ねる一方で、真理子さんは外資系企業への転職を繰り返し、現在5社目。

「仕事が好きなので、自分をより認めてくれる会社があるならいつでも移りたい。ただ、それができるのは、安定した企業に勤める夫がいるからだというのはわかっています。だから、夫が苦手な家事はできるだけ私がやらなくちゃ、という思いはあるんです」

 ただ、ここ数年は正弘さんの仕事が忙しく、平日の夜は、別々に食事をとることにしていた。真理子さんは家で食事をすることが多かったが、作るのは自分のぶんのみ。一方、正弘さんは会食や友人との飲みも多く、早く帰って来る日はスーパーで惣菜を買ってきたり、家にあるもので真理子さんが簡単に作る程度だった。

 そのぶん、週末は真理子さんが腕をふるう。料理好きの真理子さんは、家に友人を招いてホームパーティーを開くこともあった。正弘さんの同僚や後輩にも、“料理上手な奥さま”として人気だという。欧州生活が長かった正弘さんのために、真理子さんは、和・洋・中といった定番に加え、スペイン料理、ポルトガル料理もマスターした。真理子さんは凝った料理や、インスタで“映える”料理を作るのが好きなのだ。

 だがいま、毎日の3食すべてに、凝った料理を作る余裕はない。作り置きも必要になるが、真理子さんは、そういった地味な料理がそれほど好きではないことに気づいたという。

「料理を作るのも、学ぶのも、献立を考えるのも好きだし得意だと自負してきました。でも、“たまに”だから楽しかったんだと、コロナでよくわかりました。私は毎日やりたいわけじゃなかったんです」

リベラルで合理的な夫 料理は「得意な人がやればいい」

 とはいえ、夫の正弘さんが「料理は妻の仕事」「家にいるのだから妻が料理をして当然」と考えているわけではないようだ。正弘さんが真理子さんに料理を作れと言ったことはないという。

「リベラルな人なので、そういうことは絶対に言いません。夫婦が対等な関係であることは私たちにとって当然のこと。彼は30代のとき、2年ほど海外勤務をしているんですが、私は自分の仕事があるから、ついて行きませんでした。友人には『どうしてついて行かないの?』ってよく聞かれたんですが『なんでついて行かなくちゃいけないの?』って、聞き返していましたね。そういう夫婦ですから、夫は、忙しければ料理はしなくていい、と言います」

 しかし、同時に、正弘さんが料理をすることはないという。理由は「苦手だから」。

「得意な人がやればいい。それが合理的な夫の言い分なんです。対等な関係だからといって、二人が同じことやる必要はないよねと。料理は私が上手いんだから、私がやる。その代わり、夫のほうが得意なこと──車の運転や、ワイン選び、観葉植物の世話は、やってくれています」

 そうはいってもいまは非常時。負担を感じてまで、真理子さんが3食作る必要はないのではないか。テイクアウトやウーバーイーツを利用したり、スーパーやコンビニの弁当や総菜で済ませることはできないのか。最近はYoutubeに時短レシピも溢れている。

「本当に忙しいときはそうしようと思っているのですが……、夫は美食家なので、美味しくないものは食べたくない、という主義なんです。健康オタクで添加物にうるさくて、コンビニ弁当は基本、食べないし。外食は好きなのですが、仕事はともかく、プライベートで行くお店はかなり吟味します。たとえば『食べログ』は信用していなくて、自分がフォローしている人の勧めるお店にしか行きません」

 昨年の緊急事態宣言のとき、真理子さんは近所のテイクアウトを何度か利用したが、正弘さんは口に合わないといってほとんど食べなかったという。「私の作る料理が世界で一番おいしいと言ってくれる人なので、私が作ってあげなくちゃと思ってしまうんですよね」

料理がイヤなのか、夫がイヤなのか、わからない

 もう一つ、真理子さんが手料理にこだわる理由を教えてくれた。

「夫は倹約家で、無駄なお金は使いたくないタイプ。私が手料理に使うお金については寛大なのですが、そうでない無駄な出費を嫌うんです。極端に言えば、星付きレストランには行くけれど、あとは自宅でいいよね、という感じ。私たちは将来、都内に家が欲しいという目標があるので、倹約は二人の共通目標でもあるのですが」

 緊急事態宣言の期間とされる2月7日までの我慢であれば、あと少し、頑張れると真理子さんは言う。医療従事者の方々の奮闘を思えば、自分の苦労など、足元にも及ばない。だがもっと続いたら、自分は持つだろうか。夜、ベッドの隣で横たわる夫を見ると、「どうして私ばかり」という思いが募るという。

「作るのも大変だけど、献立を考えるのも、苦痛になってきました。考えたら、老後って、こういう生活が続くんですよね。そう考えると、私が料理を作り続けなければいけない夫婦関係ってなんだろうって思うようになって。次第に、料理がイヤなのか、夫がイヤなのか、ちょっとわからなくなってきたんです……」

 愛する夫のために作る料理が、夫を憎悪するきっかけになったとしたら、本末転倒ではないか。「食事」は毎日のことだけに、そこには様々な欲望が詰まっていて、家族をつなぐかすがいにもなる一方で、亀裂にもなり得ると、真理子さんの話は教えてくれる。

(名前はすべて仮名です)