MITで航空宇宙工学を専攻し、「Xploration Outer Space」という番組のホスト兼プロデューサーでエミー賞にノミネートされたこともある、エミリー・カランドレリさんが投稿したNASAの“VRシステム”がちょっとした話題です。

https://twitter.com/TheSpaceGal/status/1225494472999473159
「これは、宇宙飛行士のジェットパック訓練用に、国際宇宙ステーションで使用されていた仮想現実システムです」というツイートと共に投稿された写真には、ノートパソコンと一体となったVRゴーグルらしきものが写っています。

https://twitter.com/TheSpaceGal/status/1225494657402011648
別の角度から見るとこういう感じです。

https://twitter.com/TheSpaceGal/status/1225495299633942534
こうして一昔前のVRシステムと、現在のものを比較すると技術の進歩が実感できますね。

・なんでノートパソコン全体を取り付けたんだろう
・こんなの装着した日には、一日中首が痛くてたまらないだろうな。国際宇宙ステーションは無重力だから関係ないのかな
・技術革新のスピードって結構スゴイものだ
・めちゃめちゃ原始的じゃないか
・OculusQuestよりは軽そう
・NASAはこのシステムをいつからいつまで使ってたの?
・視力検査みたいだ

次世代のVRシステムは、コンタクトレンズみたいなものになってくるんでしょうね、きっと。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/TheSpaceGal/status/1225494472999473159

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』