出生街道に暗雲(左から貴景勝、彼の父親)

写真拡大

貴景勝」ご祝儀2700万円の“強奪者”(1/2)

 ここ最近、モンゴル人力士の狼藉も収まり、落ち着いた感が漂う大相撲。だが、7月場所の真っただ中で新たな問題が発覚した。その主人公は、日本人の若手力士で最有望株の貴景勝。彼の大関昇進披露宴の場で、ご祝儀を巡り関係者が唖然とする騒動が起きていたのだ。

 ***

【写真】貴景勝のゴージャスな「美人母」

 極端な例ではあるが、先般の元農水次官の事件や、カリタス小学校児童殺傷事件を目の当たりにし、親子関係がこじれ、破綻すると、取り返しのつかない事態が起こることを我々は改めて思い知らされた。

 世の中、事件にこそ発展しないものの親子関係に悩む家庭は少なくなく、進学や就職、あるいは結婚といった人生の岐路で仲を違える親子は枚挙に遑(いとま)がない。あなたの身の回り、いやもしかしたらあなた自身がその悩みの渦中にいるかもしれないし、どこかの高貴な親子を思い浮かべる不敬な輩もいるかもしれない。兎(と)にも角(かく)にも親子関係とは難しいもの。それが、「擬制の親子」だったりすると、より複雑だったりして――。

出生街道に暗雲(左から貴景勝、彼の父親)

〈御嶽海「名古屋V2」「大関獲り」〉(日刊スポーツ)

〈御嶽海堂々「2連覇します‼」〉(デイリースポーツ)

 大相撲7月場所の初日を迎えた7日付のスポーツ紙には、こんな見出しが躍った。昨年の7月場所で初優勝を飾った御嶽海を今場所の主役に仕立てて盛り上げようという苦心の跡が窺えるが、どうにも寂しさが拭えなかった。もうひとりの主役候補が消えてしまったからである。

 貴景勝光信、22歳。

 昨年の11月場所で初優勝を飾り、今年3月に大関に昇進。若い日本人力士の中で、将来の横綱候補筆頭と言われる逸材である。得意は突きと押し。その相撲スタイルさながら、出世街道をまっすぐに駆け抜けてきた貴景勝だが、ここに来て彼に「ふたつの試練」が襲い掛かっている。

 ひとつ目は、右膝内側側副靭帯損傷のため今場所を全休することだ。これで先場所に続いて2場所続けての負け越しが確定し、9月場所では関脇に陥落することが事実上決定した。傷を抱えながら強行出場すれば相撲人生を棒に振る危険があり、先輩横綱の稀勢の里、あるいは貴景勝の元々の師匠である貴乃花がそれによって現役引退に追い込まれたことに鑑みれば致し方ないと言えよう。

 そしてふたつ目も、貴景勝の相撲人生を左右しかねない試練である。しかも、こちらの「傷」は手術などでは治せない「心の問題」が絡み、さらには師匠と弟子という「擬制の親子」関係に決定的な影響を与えかねない事案なのだった。

「まだ7月場所への出場を目指していた6月16日、東京のグランドプリンスホテル新高輪の『飛天の間』で、貴景勝の大関昇進披露宴が開催されたんですが……」

 と、現在貴景勝が所属する千賀ノ浦部屋の関係者は肩を落とす。「ハレ」の昇進披露宴を振り返るのに暗いトーンなのは、その後すぐに大関からの陥落が決まってしまったせいかと思ったら、

「違うんです。披露宴でカネに関する『珍事』がありましてね。当日、報道ベースでは2千人が集まったことになっているんですが、そのご祝儀金を、貴景勝の父親がそのまま会場から持ち帰ってしまった。まるで“強奪”ではないかとの声もあがりました。披露宴の純粋な『売り上げ』は4千万円以上あったはず。関係者は唖然としていました。前代未聞のことです」

相撲界の「常識」

 古今東西、また業界の違いを問わず、お金にまつわるイザコザはなかなかに質(たち)が悪いと相場は決まっている。では、今回は何が問題視されているのか。それを理解するためには、まず相撲界の「常識」を知っておかなければならない。

 角界事情通が解説する。

「昇進披露宴の類のパーティーは、力士の名前を冠して行われるとはいえ、あくまで相撲部屋が主催します。さらに言えば、相撲協会もバックアップする。つまり、相撲界あげてのパーティーという位置づけですから、その収入は力士個人のものではないという認識なんです」

 相撲担当記者が後を受ける。

「それも当然で、もちろん力士個人、今回で言えば貴景勝の昇進を祝うパーティーではあるものの、その力士を育てるために部屋は力士に投資をしてきたわけですからね。例えば、スカウトするにあたってその力士を紹介してくれた人への謝礼金や、力士の両親への支度金です」

 先の角界事情通が改めて補足する。

「貴景勝の場合、もともとは貴乃花を慕って貴乃花部屋に入門し、彼の角界引退により千賀ノ浦部屋に移った経緯があり、育ての親は貴乃花という意識があるのかもしれません。しかし、千賀ノ浦親方が貴景勝たちを引き受けてくれたからこそ、旧貴乃花部屋の力士たちは散り散りにならず、今も一緒に稽古できているわけです。間違いなく、千賀ノ浦親方の恩恵を受け、世話になっている。ですから、昇進披露宴の収入の中に部屋の取り分が含まれていると考えるのは至極真っ当。それを、貴景勝の親に持っていかれたら、部屋の人たちが眉を顰(ひそ)めるのは当然です」

取り分の“相場”は

 部屋と力士の取り分の比率は、一門やその部屋によってマチマチだというが、

「親方6対力士4が相場じゃないですかね」(同)

 あるいは、

「半々というケースもあるでしょう」(前出の記者)

 いずれにしても、力士側の「ごっつぁんです」はあり得ないようである。

 先の千賀ノ浦部屋関係者が続けて愚痴る。

「貴景勝の父親は、パーティー会場のホテルに『ALSOK』の警備員まで連れて来て、ホテルからお金を勘定する紙幣計算機を借り、その場で現金を数え、ホテルの使用料だけ払って後は持っていってしまった。警備員を連れてくるあたり、かなり異様です」

 とどのつまり、貴景勝側は相撲界の「慣例」を破り、部屋側の不信感を買ってしまったわけだ。ちなみに、貴景勝の父親の佐藤一哉氏は兵庫県芦屋市の豪邸に住んでいることで知られるが、

「不動産屋などを経営していて、かつては自宅が1度は『競売開始決定』になったり、彼が社長を務める会社名で所有しているビルが、国や兵庫県に何度も差し押さえられるなど、“カネに因縁がある”人物という評判です」(貴景勝の知人)

「第2の親」とでも言うべき千賀ノ浦親方サイドの顔に泥を塗る形のカネ騒動が発覚し、相撲界から「奇異な目」で見られているという貴景勝。ここは「当事者」の貴景勝パパに話を聞いてみなければなるまい――。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年7月18日号 掲載