IWC脱退の方針は「老人のノスタルジー」裏には政治家の思惑か

ざっくり言うと

  • 日本政府は、IWCを脱退し、商業捕鯨の再開を目指す方針であるという
  • 漁獲量の減少をカバーするという政治家の裏の思惑があるのではと元経産官僚
  • 捕鯨再開について共同通信の記者は「老人のノスタルジーだと思う」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x