凄惨を極める流血描写……映画『ドラゴンエイジ』が早くもBlu-ray&DVD化

写真拡大

エイベックス・エンタテインメントは、今年2月11日(土)に公開されたばかりの映画『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』をBlu-ray&DVDとして、5月25日(金)に発売すると発表した。

2009年にPS3、Xbox 360、PC向けに発売されたRPGゲーム『Dragon Age:Origins』は、壮大なファンタジー世界、その中で凄惨を極める流血描写が大きな話題となり、発売されるやいなや全世界で600万本以上のメガヒットを記録。

海外のメジャーゲームアワードで「Game of the Year」を含む50部門を総なめにし、最高ランクを受賞したモンスター・ゲームである。

先日公開されたばかりの映画『ドラゴンエイジ-ブラッドメイジの聖戦-』は、このゲームの世界感を引き継いで映画化したもので、2月2日発売された『Dragon Age II』の前章の物語が描かれている。

10分に1回は描かれるハイスピード・バトル、血と血で紡ぐこのダーク・ファンタジーは、ゲームに勝るとも劣らない最高級のCGアニメに仕上がっているという。

監督は、これまでに映画『ピンポン』『ベクシル 2077日本鎖国』『あしたのジョー』などを手がけてきた曽利文彦。

声優陣は、主人公カサンドラ役を栗山千明、ガリアン役を谷原章介、ナイトコマンダー役をGACKTが担当している。

そして今回、Blu-ray&DVDの発売を記念してFacebook上には「ドラゴンエイジ公式ページ」が開設された。

この公式ページでは、特典映像を見るためのパスワードや『ドラゴンエイジ』関連グッズなどのキャンペーンを展開。

さらにFacebookアプリを活用した「RPGキャラ性格診断」やオリジナルのドラゴンをカスタマイズできる「俺ドラ」など、ファン垂涎のコンテンツを多数用意し、Blu-ray&DVDの発売日までに随時展開していくという。(C)2012 Dragon Age Project. All rights reserved by FUNimation / T.O Entertainment