東大生が考える「天才と凡人の違い」と、その差を効率的に埋める方法

写真拡大

―[貧困東大生・布施川天馬]―

 現役東大生の布施川天馬と申します。学生生活の傍ら、ライターとして受験に関する情報発信などをしています。

◆天才はなぜ「天才」なのか?

 皆さんは天才と言われると、どんな人を思い浮かべますか?

 僕の場合はなかなかアイデアを出すことができないので、発明王のエジソンのような発想力に溢れた人を見ると「天才だなぁ」と思ってしまいます。

 このような歴史上の偉人でなくとも、最近はいろいろな天才の人たちがテレビに出るようになっていますよね。

 たとえば、「東大王」でおなじみの河野玄斗さんは東大医学部在学中の身でありながら、なんと文系の最難関試験でも知られる司法試験に一発合格。同じ脳みそが詰まっているとは思えないほどの大活躍をされています。

「頭脳王」や「東大王」のような番組で彼らのような天才たちがしのぎを削る姿は、凡人の我々では「なんだかすごい戦いだ」としか思えません。

 天才には天才なりの苦悩がありそうですが、とはいえ、天才と呼ばれる人たちの気分を体感してみたいと思うときがあります。

◆圧倒的な情報処理の質とスピード

 それでは、「天才」という人たちはいったい何が優れているのでしょうか? 僕は「情報処理能力の異常な高さ」だと予想しています。

 つまり、読んだ本や聞いた話の内容を整理して、「何が大事で、何が大事でないのか」の判断をつけるのが非常にうまいのです。

 だから、本を一回読んだだけで、もしくは話を一回聞いただけで、重要なポイントを押さえられるのだと思います。その結果として普通の人よりも早く内容を学習できるのではないでしょうか。

 僕にはそんなことできませんから、本当に尊敬してしまいます。

◆授業も教科書も要点だけをまとてみると…

 この能力は学校の勉強でも生かせます。

 教科書や学校の授業というものは、一コマの授業において学ぶべき重要なポイントだけを抽出すれば、A4サイズの用紙に1枚で収まってしまうと僕は考えています。

 ですが、要点だけをそのまま言われてしまっては、わかるものもわかりません。なので、具体例をいれたり、練習問題を配置したりして、ステップを踏み、段階的に理解していけるように工夫されているのです。

 しかし、情報処理がうまければ、そうしたステップは必要としません。

◆重要な部分が理解できる効率は一気に上がる

 教科書や話の内容の要点だけを抽出して、それでわかるのであれば、重要な部分だけ集中しておいて、あとは話半分でカットしてしまえばよいのです。

 だからこそ、天才たちは神がかり的な速度で勉強し続け、知識を積み重ねることができていると思います。

 それでは、天才たちが自然とやっている高度な情報処理を、凡人でも努力で身につけることは可能なのでしょうか。

 僕は情報の整理がとても苦手で、勉強するうえでも苦労した覚えがあります。ノート術などの情報整理について書いた本や教えなどはありましたが、どれも僕にはまったく合わなかったのです。

 ですが、そんな僕でも見習うことのできそうな方法が一冊の本にまとめられていました。

◆天才の情報処理を学べる一冊

 この春に発売された『東大生のノートから学ぶ天才の思考回路をコピーする方法』(日本能率協会マネジメントセンター)は「頭のいい人が情報処理に使っている方法」を調べることができます。

 この本にはさまざまな種類の東大生のノート術が紹介されています。

 たかがノートの取り方と思われるかもしれませんが、ノートの取り方ひとつ見れば、その人の頭のよさがわかります。◆ノートと学力の相関関係