上空1万3000mの機内で新たな命が誕生 コンゴの女性が男児を出産

ざっくり言うと

  • 上空およそ1万3000mの機内で13日、コンゴ民主共和国の女性が男児を産んだ
  • 離陸の3時間後に陣痛が始まったが、医者である夫などの助けもあり無事出産
  • 母子ともに健康で、母親は赤ちゃんをしっかりと抱いて、目的地に降り立った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング