来年の2017年1月10日、Windows Essentials 2012のサポート終了!ユーザーは早急に対応を!

写真拡大 (全3枚)

マイクロソフトが提供していた無料ソフト「Windows Essentials 2012」のサポートが、2017年1月10日に終了する。

サポート終了後はセキュリティ更新プログラムが提供されないので、セキュリティリスクが高まる。
特にメールソフトのWindows Live メールを使っているユーザーは、データの移行も含めて早急に対応することをおすすめする。

●Windows Essentials 2012のサポート終了は2017年1月10日
Windows Essentialsは、メール、画像編集ソフト、動画作成ソフトなどがパッケージされたマイクロソフトの無料ソフト群だ。最新のWindows Essentials 2012は、2012年の8月に公開された。含まれている主要ソフトは次のとおりだ。

・Windows Live メール(デスクトップ版メールソフト)
・Windows Live Messenger(メッセンジャーソフト)
・Windows フォトギャラリー(画像編集ソフト)
・Windows ムービーメーカー(動画編集ソフト)
・Windows Live Writer(ブログ作成ソフト)
・Microsoft OneDrive(OneDrive用ソフト)
・Windows Live ファミリーセーフティ(家族のインターネット利用管理ソフト)

特にWindows 7には、Windows XPのOutlook Expressのような標準メールソフトが付いていなかったため、Windows Essentialsに付属するメールソフト「Windows Live メール」を使っている方は、まだまだ多いのではないかと思う。

ただ、残念だが、Windows Essentials 2012のサポートは、2017年1月10日に終了する。つまり、来年の1月10日だ。

サポートが終了しても各ソフトが使えなくなるわけではないが、セキュリティ更新プログラムは提供されなくなる。セキュリティのリスクか高まるので、いま使っている方は、早急に別のソフトに移行した方がいいだろう。



Windows Essentials 2012のインストール画面。複数のソフトが含まれている。特定のソフトだけ使っていても、そのサポートは2017年1月10日までだ。



Windows Essentials 2012に含まれるメールソフト「Windows Live メール」。Windows 7以降のデスクトップ版メールソフトの標準的な存在だったので、Windows 10でも使っているユーザーは多いだろう。2017年1月10日までに他のメールソフトに移行することをおすすめする。

●各ソフトのおすすめ代替ソフトと対策
マイクロソフトは、各ソフトの代替ソフトを推奨している。以下では、それも含めて、対策を紹介しておこう。

・Windows Live メール
マイクロソフトが推奨するのは、Windows 8.1以降に標準搭載されているストアアプリ版の「メール」だ。ただし、「メール」にはWindows Live メールのデータをインポートする機能はない。したがって、他のメールソフトをインストールして、データを引き継ぐのがよいだろう。Outlookがあるならそれで問題ないが、なければフリーソフトのThunderbirdあたりがおすすめだ。いずれも、ヘルプやサポートページにWindows Live メールから移行する方法が載っている。

・Windows Live Messenger
メッセンジャーソフトのWindows Live Messengerは、すでにSkypeと統合されている。

・Windows フォトギャラリー
マイクロソフトの推奨ソフトは、Windows 8.1以降に搭載されているストアアプリの「フォト」だ。Windows フォトギャラリーの上位版のようなソフトなので、マイクロソフトのいうとおり「フォト」で問題ないだろう。

・Windows ムービーメーカー
推奨ソフトは、原稿執筆時点では明示されていなかった。ただし、Windows 10ユーザーに対して、近日中にWindowsストアからアプリが提供される予定とのことだ。もちろん、フリーの動画編集ソフトを使っても問題はない。

・Windows Live Writer
ブログ作成ソフトのWindows Live Writerは、2015年にオープンソース化され「Open Live Writer」として公開されている。したがって、「Open Live Writer」がおすすめだが、いまのところ日本語版は出ていないようだ。機能はほとんど変わっていないので英語でも困らないが、日本語にこだわるなら、「Open Live Writer」の日本語版を待つ必要がありそうだ。

・OneDrive
OneDriveは、Windows 8.1以降はWindowsに統合された。したがって、困るのはWindows 7/Vistaユーザーのみとなる。もしも、いまWindows Essentials 2012のOneDriveを使っているなら、サポート終了以降は、OneDriveのWebサイトから提供されているOneDrive同期クライアントを利用するのが安全ではないかと思われる(ページ末のリンクを参照)。

・Family Safety
子供のWeb閲覧やインターネット利用を監視・制限できるソフトだが、Windows 8.1以降はMicrosoftアカウントと紐付いて、Windowsおよびクラウドで設定できるようになっている。Windows 7/Vistaユーザーは、代替ソフトはちょっと見当たらない。Windows 10にアップデートすれば、標準で利用可能となる。

Windows Essentials 2012 Release Notes
Windows Mail または Windows Live Mail から Thunderbird への移行
Open Live Writer
Windows 7/Vista向けOneDrive同期クライアント
井上健語(フリーランスライター)