ハイエース用の新型コロナ対策品! 飛沫感染対策セパレータとは?

写真拡大

トヨタは3月1日、送迎車としてニーズの高いハイエースを対象として「飛沫感染対策セパレータ」を全国のトヨタ車両販売店、レンタリース店をつうじて販売店装着の純正用品として発売した。ハイエースのワゴン、コミューターとともにメーカー完成特装車(ウェルキャブならびにTECS)において、フロントシートとリヤシートの間に設置。病院や福祉施設、観光での同芸など乗客や運転手の飛沫感染リスクを低減するものだ。

【可搬式オービスが活躍?】近年減少傾向だった速度違反の取り締まりが2020年に増加

この「飛沫感染対策セパレータ」は、「ルームセパレータカーテン」(純正用品、ハイエース バンに設定)をベースとした試作品を医療や福祉の現場に持ち込み、使い勝手など現場のニーズを参考に「カイゼン」を重ねたもの。洗浄などを考慮して脱着可能とし、車内の状況を把握しやすいように透明なビニール素材を全面に採用。また、前後席のどちらからでもファスナーでセパレータを開閉可能にするなど、使いやすさに配慮している。

価格は、2万7500円(取付費など諸費用は含まれない)。

〈文=ドライバーWeb編集部〉