『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、芸人のしずる(池田一真、村上純)が登場し、「元祖謹慎芸人」としてしくじり授業を行った。

【映像】日向坂46・齊藤京子「4年間くらいめちゃくちゃ好きだった…」しずる・池田に“告白”(5分ごろ〜)

 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”には平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、タレントの生見愛瑠、日向坂46の齊藤京子、祭nine.の寺坂頼我らが出演。

 遅刻が原因で吉本興業を激怒させ、3ヶ月の謹慎を食らったしずる。そんな2人の転機となったのは、ネタ番組『爆笑レッドカーペット』だった。この番組をきっかけに、狩野英孝、鳥居みゆきなど数々の芸人がブレイク。しずるも”青春コント”でブレイクした。

 しかし2人は、調子がいいときでもしくじってしまう。「ネタ作りの主導権争いでコンビ仲が悪化した」というのだ。

 お笑いコンビはどちらか一方がネタを作っているパターンが多いが、しずるは2人ともネタを作っている。2人で一緒に作ることもあったが、意見が割れるため、1人ずつ作るようになった。

 池田いわく、1人ずつネタを作ると、すべったときに「お前が作ったネタじゃん」と、相手に責任を押しつけてしまうという。そんな2人が仲良くなるわけもなく、お互いが「お前には負けない」「自分が主導権を持ちたい」と火花を散らしていた。

 澤部が2人の関係について「今も直ってないでしょ?」と聞き、とくに池田について指摘すると、池田はあたふた。すると村上は、あるエピソードを思い出したようで「池田これ言われたくないかもしれないけど……」と話を切り出した。

 「ネタをやるとき、”作・村上”、”作・池田”って書かないじゃないですか。一時期、池田さんから『村上が作ったネタ、俺が作ったって思われたくない』って言われてたことあるんですよ」と暴露した。

 この告白に、池田は「それ(台本の)どこ?」と半ギレし、出演者らは爆笑。池田はさらに「ねぇよ、それ!」と、勝手に暴露した村上に噛み付くが、澤部から「アドリブでしょ!芸人は」と窘められた。

 落ち着いた池田は、村上の方を向き「あ、ごめんなさい。ごめんなさいね」と感情のない顔で謝罪。村上は「キレてますよ!」と池田を指差し、笑いを誘った。突然起こったプチ喧嘩に、澤部は「収録中やめてキレるの!」と思わずツッコミを入れていた。(「しくじり先生 俺みたいになるな!!」より)