限界ギリギリ攻めた「どでかいみたらし団子」

写真拡大

ローソンストア100は5月28日から、とことん大きさにこだわった「渾身の一本!どでかいみたらし団子」を発売する。価格は108円(税込み)。

「渾身の一本!どでかいみたらし団子」は、甘じょっぱいタレがたっぷりかかったもちもち食感のみたらし団子を、全長約12センチ、重さ約180グラムという規格外の大きさで開発。ローソンストア100で販売しているオリジナルの串団子「VLみたらしだんご」の1本当たりの重量に比べると、3倍以上の重量を誇る。「これ以上大きくすると、串だんごとして手に持てない!というほど、限界ギリギリまでの大きさを追求した」という。

また、大きいだけでなく、美味しさにもこだわった。大きな団子にタレがしっかり絡みつくようにタレの粘度(ねばり)を高くし、最後までタレと団子の味のバランスが調和するように仕上げている。

なお、商品名に「渾身」と付けた理由は、「職人さんが一本一本丹精込めてお団子を串に通していますので、その様子を表現しています」とのことだ。