長野県佐久市の保育園で保育士12人が相次ぎ退職 理事長からパワハラか

ざっくり言うと

  • 長野県佐久市の保育園の保育士12人が2020年度に相次いで退職したと分かった
  • 一部の保育士は、園の理事長からパワハラを受けたと訴えている
  • 理事長は取材で「結婚や出産など個々の理由が重なっただけ」と否定した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x