新幹線のトンネルで6kgのコンクリ片が落下 運行への影響はなし

ざっくり言うと

  • 北海道新幹線第2浜名トンネルで、落下した6kgのコンクリート片が発見された
  • 植物が架線に触れ、電流がトンネル外壁に流れた衝撃の可能性が高いという
  • JR北海道は発見後、検査をし、運行への影響がないと安全を確認した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x