25日の大雨の影響で、千葉県内の小中学校や高校などでは合わせて1200人余りの子どもたちが帰宅できず、学校やホテルで一夜を過ごした。NHKニュースが報じた。

26日午前6時現在、県内の公立学校では、大雨の影響で交通手段が確保できないなどの理由で、32の小中学校と高校、それに特別支援学校で、児童・生徒合わせて834人が自宅に帰れず、学校やホテルで一夜を過ごしたという。

また、私立学校でも、25日午後8時現在、16の小中学校と高校で400人余りが帰宅できず学校にとどまったとのこと。

児童や生徒1200人余りが帰宅できず 千葉(NHKニュース)