サヨナラを喜ぶ西武・木村文紀(手前)と 熊代聖人【画像:パーソル パ・リーグTV】

写真拡大

相手が交錯してボールが転々とする間に生還「最後エラーですよね?」

■西武 6-5 ロッテ(15日・メットライフ)

 西武は15日、本拠地メットライフドームでロッテに劇的サヨナラ勝利。3連勝でマジック9が点灯した。延長11回に木村が大飛球を放つと、左翼の加藤と中堅の荻野が交錯。ボールが転がる間に一気に生還した木村は試合後のお立ち台で「優勝します!」と宣言した。

 同点で迎えた延長11回、2死走者から木村が放った左翼への大飛球がドラマを呼んだ。左翼・加藤と中堅・荻野が交錯。ボールが転々とする間に木村は一気にホームに生還した。

 試合後、お立ち台で「最後エラーですよね?」と確認した木村。「打った瞬間にレフトが手を横に広げていたので、もしかしたらボール見えてないのかなと思って、そこからスピード上げて走りました」。運ではなく、集中力が生んだ“サヨナラ打”だった。

 木村は「全員で優勝を目指してやっているので、残りの試合全部勝つつもりで戦っていきたいと思います」と話し、最後は「優勝します!」と力強く宣言した。2連覇へ大きく前進した。(Full-Count編集部)