苦しくても生活保護に頼りたくない 涙を拭い語った孤独への恐怖

ざっくり言うと

  • 大阪・あいりん地区でおよそ5年、住む家のない生活を送っている67歳の男性
  • 子どもの頃に生活保護を受けていたが、周囲に相手にされなくなったという
  • 「だから苦しくとも、声を上げたくない」と孤独への恐怖に涙していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x