葬儀会社のミスに気づかず 男性遺体を死後16時間で火葬したと発表

ざっくり言うと

  • 蘇生の可能性があるため、法律で死後24時間以内の火葬は禁じられている
  • 神戸市は26日、80代男性の遺体を誤って死後16時間で火葬したと発表
  • 葬儀会社が誤って記入した死亡時間に、市職員も気付かなかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング