木村一基王位(右)に勝利し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)

写真拡大

 将棋藤井聡太七段(17)が、木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負第2局第2日が14日、北海道札幌市の「ホテルエミシア札幌」で指され、藤井七段が144手で勝利し、2連勝とした。中盤からリードを許し、終盤では敗色濃厚な状況まで追い込まれたが、粘り強い受けで木村王位の失着を誘って大逆転。“千駄ケ谷の受け師”と異名を取る木村王位に受け勝つ離れ業で、タイトル奪取に大きく前進した。

 重ねに重ねた辛抱が、盤上に奇跡を起こした。1時間前には完全に敗勢だった藤井七段が、最後は木村王位の追撃をかわし切っての勝利。顔を紅潮させた木村王位に対し、青白い顔で投了を受け入れた藤井七段は、まるで敗者のようにうつむいた。

 木村王位の相掛かりを受けて立ち、1日目は互角の形勢で終了。だが2日目の昼食休憩後、「動いていったんですが、うまく対応されて苦しくなった」と、徐々にリードを許す苦しい展開となった。終盤は、木村王位の落ち着いた好手の前に防戦一方。インターネット中継の「ABEMA」が使用する将棋AIでは、木村王位が80%以上の高得点で勝勢となる場面もあった。

 だが、ここからが若き天才のすごさだった。一手一手、最善の受けで決め手を与えない。眼前の“千駄ケ谷の受け師”のお株を奪う指し回しは、木村王位を「常に1手間違えれば(逆転される)というプレッシャーをかけられていた」と嘆かせ、持ち時間と心の余裕を奪っていた。

 そして125手目。木村王位が4二歩と打った手が、大逆転の始まりだった。AIの評価もこの手を境に一気に逆転。藤井七段優勢となった。こうなれば、もう間違わない。一気に木村玉を追い込み、最後は木村王位の反撃を的確にかわした。

 ハードな対局が続く中、体調管理を課題に挙げていた藤井七段。この日は自身の左に置いている脇息(きょうそく)に全身をもたれさせて、まるで眠っているかのように休みを取る場面もあった。それでも、心身の疲労が頂点に達した最終盤に、最後の底力を発揮。メンタル面での強さも改めて見せつけた。

 終局後は「常に厳しく攻められて、ずっと苦しかったかなと思うんですけど…、こちらに手番が渡ったという意味では、アヤが生まれたのかなと。最後は開き直って踏み込んだという形で、最後まで分からなかった」と振り返った。タイトル戦という大勝負での苦しい経験を糧にし、天才がまた一段、頂点への階段を上った。