豊田真由子氏

写真拡大

 和製チャーチルの異名を取った吉田茂元総理といえば、「バカヤロー解散」が余りにも有名である。それに倣えば、豊田真由子氏(45)の場合は「このハゲー落選」と呼ぶべきか。秘書へのパワハラで注目を集めた彼女、実はいま、ある“女傑”社長のもとで働いているのだという。その仕事の中身とは――。

「あたしが違うって言ったら違うんだよ!」「ふざけやがって‼」「ちーがーうーだろーーーーーっ‼」

 彼女の名を聞けば、いまもあの絶叫が耳に蘇る。

 秘書に対する度を越した暴言や暴行が原因となって書類送検(後に不起訴処分)された豊田氏は、一昨年7月に自民党を離党。

 直後の10月に行われた総選挙では、無所属で埼玉4区から出馬したものの、あえなく落選する。あれほどの絶叫がワイドショーで連日流されたのだから、有権者が「違うだろ!」と感じたことは想像に難くない。

豊田真由子氏

 だが、捨てる神あれば拾う神アリ――。このところ、彼女の身辺は騒がしさを増しているのだ。

「いまや永田町の“台風の目”となったN国の立花孝志党首が、今月27日投開票の参院・埼玉選挙区補選に擁立するため、彼女に秋波を送っているのです」(政治部記者)

 結果、立花氏自らが出馬する展開となった。「NHKをぶっこわーす!」と気勢を上げる立花氏とは、同じ「絶叫系」として取り合わせは悪くなかった気もするが、

「彼女が出馬するなんてありえません。本人にも直接聞いたけど、“電話には一切出ていません”と話していました。結局、N国側が勝手に言ってるだけなのよ。選挙になると女性を利用してさ、世の中の男はダメね」

 そう語るのは、千葉県に本社を置く生コン販売会社「山一興産」の柳内光子社長(80)である。

「私の側近」

「豊田さんとはかなり前からの知り合いで、例の騒動の時には、人間不信になっていた彼女に“大丈夫? 頑張るのよ”って声をかけたの。それからはずっと一緒にいて守ってあげてる。今後は政治に関わったり、マスコミに出たりしないというのが彼女と私との約束。私との友情を壊してまで出馬するわけがありません。私のいる建設業界は義理と人情の世界ですからね」(同)

 豊田氏のいわば「後見人」となった柳内社長は、売上高600億円超の大企業を率いるスゴ腕経営者で、2012年には渋沢栄一賞にも輝いている。6年前に開いた誕生会には、歌手の由紀さおりや女優の山本陽子、さらには、故・野中広務元官房長官まで駆けつけるなど人脈も幅広い。

 そんな社長が豊田氏をどう守っているのか。

「私はいま福祉関連に力を入れていて、豊田さんはそちらで仕事をしているの。もともと厚労省の出身だから、福祉に関係する法律が変わる時は詳しく説明してくれる。うちが運営する20カ所ほどの特養や老健にも足を運んでくれてね。彼女も“これまでは国や役所の立場だけで、現場を知らずに法律を作っていました”と言ってたわ。建設業の方でも会議や理事会に参加してもらってるし、私の側近という感じかしら」(同)

 その横暴ぶりに数十人の秘書が遁走した代議士時代とはうってかわって、雑巾がけに励む日々。柳内社長の勤務評定も上々のようである。とはいえ、柳内社長は野田聖子代議士からも慕われる人物。「側近」として働けば、政界復帰への足掛かりになりそうだが、

「一生懸命立ち直ろうとしているところだし、政治はないですよ。むしろ、そっとしておいてほしいわ」(同)

 パワハラで政界を追われた“猛女”は、“女傑”社長のもとで禊(みそぎ)の日々を送る。

「週刊新潮」2019年10月17日号 掲載