米の荒野で道に迷った男性、虫や木の実食べ生存 5日後に捜索隊に合流

ざっくり言うと

  • 米国の自然保護区域の荒野でさまよった男性が5日後に自力で生還を果たした
  • 救助隊が就寝時につけたままにしていたランプを頼りにキャンプ場に合流
  • 生き延びるために小川の水を飲み、木の実やコオロギを食べていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング