ヒール解禁が好評のガッキー

写真拡大

 大ブームとなった『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系、2016年)以来となる新垣結衣の主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系、毎週水曜夜10時)が10月10日にスタートした。脚本を担当するのが『逃げ恥』の野木亜紀子氏ということもあり、今回も注目作となっている。

 そんな『けもなれ』について、10月18日に配信したNEWSポストセブンの記事では、新垣が第1話からヒールの高いロングブーツを履いたことについて“タブー解禁”と報じた。

 公式プロフィールでは169cmの新垣は、女優の中でも高身長なほう。ヒールの高い靴は、履くと極端に大きく見えてしまうということで、封印されていたというのだ。しかし、今作のダブル主演である松田龍平は183cm、新垣の恋人役である田中圭が178cmと、ともに長身であるため、これまでタブーとされていた新垣のハイヒールが解禁されたというわけだ。

 このニュースに対し、ネット上では、

「個人的にはどんどんヒール履いて欲しい」
「たしかに、がっきーのヒール姿素敵でした」
「ガッキーのヒール姿は最高!」

 などといった反応。新垣のスタイルの良さが際立つ衣装は好評のようだ。また、一方では、

「田中圭さんや松田龍平さんがそんなに高身長だったのが驚きです!」
「田中圭さんも松田龍平さんも背高いんだー。かっこいーポイント上がるわー」
「田中圭さんって役柄的にそんなに身長高くなさそうなのに、おどろきました」

 と、松田と田中が長身だったことに驚く声も多かった。

 たしかに、高身長女優は男性共演者との兼ね合いでいろいろと苦労することもあるようだ。芸能ライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「恋人役で男性のほうの背が小さいと、あまり見栄えも良くないし、背が小さいイメージがついてしまうということで、俳優さんのほうが長身女優との共演を避けるケースもあるようですね。作品の中だけでなく、制作記者会見で出演者が並んだときに、女優さんのほうが背が高いことを嫌がる場合もあるといいます。そういう意味で、長身の女優さんが、できるだけ背が高く見えないように努力することも多いはずです」

 まさに、ヒールをタブーとすることで、共演者が見劣りしてしまわないように努力していた新垣。

「今回の新垣さんのヒール姿は視聴者にも好評だということで、長身俳優をキャスティングしたのは大正解だったといえるでしょう。本人的にも、これまでのかわいらしいイメージだけでなく、スタイリッシュな魅力をアピールできるということで、今後の女優活動にもいい影響を与えそうですね」(大塚氏)

“タブー解禁”で一皮むけそうなガッキー。『逃げ恥』同様に『けもなれ』もヒットしそうだ。