アメリカの刑務所で勤務中だった看守が心臓発作により突然倒れてしまった。朦朧とした意識の中で看守は独房のロックを解除し、勇敢な3人の受刑者がすぐに医務室に連絡し助けを求めた。幸いにも看守はすぐに治療を受けることができ、現在は自宅で療養中だという。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。【この記事の動画を見る】米ジョージア州のグイネット郡刑務所(Gwinnett County Jail)で7月10日、看守のワレン・ホブスさん