19日、中国政府は電気自動車(EV)購入への補助金を拡大しており、排気ガス削減に取り組んでいる。日産自動車はこの流れに乗り、EVの販売を拡大し、20%のシェアを占めようとしている。写真は東京モーターショー。

写真拡大

2014年5月19日、中国政府は電気自動車(EV)購入への補助金を拡大しており、排気ガス削減に取り組んでいる。日産自動車はこの流れに乗り、EVの販売を拡大し、20%のシェアを占めようとしている。米ブルームバーグの5月14日の報道を引用し、環球網が伝えた。

【その他の写真】

EVは「ゼロ排出」車であるが、価格が高額で、航続距離が限られており、充電スタンドが少ないことから、普及が進んでいない。アナリストは2017年もしくは2018年までに中国でのEV販売台数が10万台に達すると予想した。最も楽観的な予測によると、その販売台数は40万台に達する見通しとなっている。

日産の中国合弁である東風汽車有限公司の関潤(グワン・ルン)総裁は、「中国政府は新エネルギー車の普及を重視しており、他国では比にならないほどの補助金を支給している。販売台数の増加に伴い、充電スタンドも増加するだろう」と語った。

日産のリーフは中国で最も売れているEVだ。リーフは昨年、値下げと航続距離の延長により、販売台数が76%増の7547台に達した。日産はその一方で、現地ブランド「ヴェヌーシア」によって、中国のEVの需要を満たすことを決定した。

ヴェヌーシア初のEV「e30」が今年度中に発売される。日産は大連、広州、襄陽などで協力を展開し、自社製EVの魅力を高めている。(提供/人民網日本語版・翻訳/YF・編集/武藤)