BB cyberDAM(G100)の実機。アニソンにおける安定感は抜群だ。

写真拡大 (全3枚)

カラオケ機種3種のアニソン比較をしてみました。評価ポイントは「映像」「音質」の2つ。流れる映像に本編アニメのものが使われている場合は、基本的に星1つプラス相当の評価を加えてます。音質は原曲をどれだけ再現しているかを基準にしました。

評価3機種の詳細は「BB cyberDAM(G100)」「HyperJoyV2(JS-70)」「UGA」となってます(※1)。調査期間は2006年12月中旬。調査場所は都内某所のカラオケ専門店。あくまで個人の感想ですので、その点はご了承ください。また、カラオケ機種は機械のグレードによって内容が変わってきますので、一つの目安として見てくださいね。
(※1)解説本文は「BB cyberDAM(G100)」=「DAM」、「HyperJoyV2(JS-70)」=「Joy」、「UGA」=「UGA」と表記。

■蒼き流星SPTレイズナー(TV)『メロスのように -LONELY WAY-』(作詞:秋元康、作曲:中崎英也、歌:AIRMAIL from NAGASAKI)※1985年作品

<オススメ機種:BB cyberDAM(G100)>
<アニソン満喫度:★★★★☆>

[解説] 燃えるアニソンの定番曲。3機種中、本編アニメ映像が流れたのはDAMだけ。音質はなかなか良く、100点満点の75点という印象。映像は戦闘シーンがだらだら流れる甘い編集が気になったものの、本編が見たくなるグルーヴ感があったので星4つ。

■あしたのジョー2(TV)『傷だらけの栄光』(作詞・作曲:荒木一郎、編曲:後藤次利、歌:おぼたけし)※1980年作品

<オススメ機種:BB cyberDAM(G100)・UGA>
<アニソン満喫度:★★★☆☆>

[解説] ジョー関連の楽曲の中でも屈指の名曲。男の闘志に火をつける効果が格闘家に愛され、現在も入場曲として使われている。3機種ともアニメ本編の映像は流れなかった。DAM&UGAの映像は共に実写であったが、双方ともボクサーのトレーニング風景の映像で、かろうじて雰囲気を維持。音質もかなり良く、甲乙付け難いので同評価とした。Joyは無関係の実写だったので除外(音質も若干落ちる)。

■宇宙戦艦ヤマト(TV)『真っ赤なスカーフ』(作詞:阿久悠、作曲:宮川泰、歌:ささきいさお)※1974年作品

<オススメ機種:BB cyberDAM(G100)>
<アニソン満喫度:★★★☆☆>

[解説] スナックで歌っても違和感のない極上の歌謡バラード。本編アニメ映像が流れたのはDAMとJoy。Joyの映像は尺が短く、曲の後半でリピートされるので今ひとつ。DAMの映像は、ヤマト地球出発〜イスカンダル到着〜ヤマト地球帰還までが、1曲の間に詰め込まれるという驚愕の豪腕編集。音質は悪くないが、若干テンポが速くてムードが損なわれているのが残念。

BB cyberDAM(G100)の実機。アニソンにおける安定感は抜群だ。

■N・H・Kにようこそ!(TV)『パズル』(作詞:伊藤利恵子、作曲:北川勝利、編曲:ROUND TABLE、歌:ROUND TABLE feat. Nino)※2006年作品

<オススメ機種:UGA>
<アニソン満喫度:★★☆☆☆>

[解説] 引きこもりアニメの主題歌とは思えない、爽やかな夏のイメージの曲(実は歌詞の内容がニート&引きこもりを暗喩している)。3機種ともアニメ本編の映像はなかったが、DAM・UGA共に音質はかなり頑張っていた。特にUGAのトランペットの音が良かったのが印象的。J-POPカラオケとしてなら3つ星をあげられる。

■美味しんぼ(TV)『Dang Dang 気になる』(作詞:売野雅勇、作曲:林哲司、編曲:船山基紀、歌:中村由真)※1988年作品

<オススメ機種:HyperJoyV2(JS-70)>
<アニソン満喫度:★★★☆☆>

[解説] アイドルソングとしても完璧な、まさに至高の一曲。3機種ともアニメ本編の映像はなかった。ただ、元々がラブソングなので、実写映像でも違和感はなし。Joyの音質はかなりの高レベル。これならオススメできる。

■機動警察パトレイバー(TV)『そのままの君でいて』(作詞:森由里子、作曲:羽田一郎、編曲:船山基紀、 歌:仁藤優子)※1989年作品

<オススメ機種:HyperJoyV2(JS-70)>
<アニソン満喫度:★★★★☆>

[解説] 『そのままの君でいて』=仁藤優子はアキバ系の常識。決して岡本真夜を連想してはいけませぬ。これはJoyのみがアニメ本編の映像を使用していた。特車二課(※2)の面々が宴会で飲み明かす場面がチョイスされるトンチの効いた編集は必見。音質もなかなか良く、酔いの回った二次会ノリにはピッタリ。Joyに来たら歌っておきたい。
(※2)「機動警察パトレイバー」に出てくる警視庁警備部の直轄部隊。主人公・泉野明が所属している部署で、多足歩行型作業機械「レイバー」を保有・運用している。

HyperJoyV2(JS-70)。アイドル系の曲に強い傾向がある気がする。

次のページでも引き続き、カラオケのアニソン比較を紹介していこう。