U-23アジア選手権で日本がVARでたびたびPKを取られてしまったこともあり、VARの運用などについて議論が起きているようです。運用の問題点や、判定までに時間がかかりすぎるのではないかなど、まだまだVARが発展途中であることもあり、賛否両論のようです。

僕はVARのシステム導入に賛成です。なぜなら、たとえジャッジが下されるまでに時間がかかって、その間ずっと選手や観客が待たされたとしても、誤審が減るからです。

誤審のせいで大会の出場権を逃したり、タイトルを勝ち取れなかったという例はこれまでに数多くありました。そういう悲劇が起きないのだったら、たとえ試合の流れが何度か止まったにしても、僕は受け入れるべきだと思います。

新しいことには慣れが必要で、今はまだ慣れていないから不満が出てくるのではないでしょうか。それに僕は選手も観客も、もう次第にVARに慣れている気がします。みんな「何が大切か」ということがしっかりわかっているのだと思います。

VARがなくなることはおそらくないでしょう。なのでVARが導入されるとどんな場面が多くなるのかを考えておかなければなりません。

VARが導入されることで増えるのはPKでしょう。特にハンドに関しては、一昔前のように手で触る意図があったかどうかよりも、今は触ったかどうかという事実が重視されるようになっているため、VARで細かく判定されそうです。

そういうVARによる変化にいかに早く対応していくかが今後のカギになるはずです。僕はそういう傾向を考えておくことのほうが、運用の問題点ばかりを指摘するより重要なのではないかと思います。