河井克行前法相(ロイター)

写真拡大

 妻(自民党・河井案里参院議員)の選挙運動に関わる疑惑などで法相を辞任した河井克行衆院議員(56)に、新たに「在任中、運転手にスピード違反をさせた」疑惑が報じられ、永田町が追及ムードで盛り上がっている。

 発売中の「週刊文春」は、河井氏が先月5日に地元選挙区で行われた北広島町のイベントに出席するため、運転手に80キロ制限の高速道路を60キロオーバーの140キロで走行させたと報じた。

 警護した広島県警の後続車両は、140キロで走行した河井氏の車を追いかけたが、事務所に注意を促す電話を入れただけで、道路交通法違反で検挙しなかったという。

 同誌に広島県警は「個別の事案については回答を差し控えます」とし、河井氏の事務所はコメントを出していない。

 自民党関係者は「警護対象者が乗っている車が一時的に法定速度を上回る速度超過が疑われた場合、事務所の秘書などに是正を促すケースがあります。高速道路は速度超過が40キロ未満だと反則金処理。40キロ以上だと刑事処分となり、起訴・有罪となれば前科がつきます。なぜ河井氏は説明できないのか」と話す。

 野党議員は今年の「新語・流行語大賞」にノミネートされた「上級国民」を引き合いに、河井氏に対し「(同県警は)特別扱いしたのか」と怒りを爆発させる。

「元運転手は同誌に(法相)在任中の河井氏から、あおり運転を指示されたと証言しています。県警の対応は権力者に甘く納得できません。法務委員会では後任の森雅子法相に追及します」(野党議員)

 相次ぐ疑惑噴出で河井氏の政治生命も黄色信号だ。永田町関係者は「立憲民主党は、次期衆院選で河井氏の広島3区に女性候補者の刺客を送り込もうと検討しています。河井氏がスピード違反疑惑を説明せず、選挙戦に突入することになれば、落選の可能性が十分にあります」と話している。