26日午後、愛知県豊田市で、自動運転の車が試験走行をしていたところ、後ろから追い越してきた一般の車と接触する事故があった。けが人はいなかった。NHKニュースが報じた。

市によると、自動運転車は片側1車線の道路を時速14キロで運転手がハンドルから手を放した状態で走行していたが、後ろの車が右側から追い越そうとした際に、何らかの理由で自動で右に動いて接触したという。

29日から市街地で実証実験をする予定だったが、事故を受けて実験は中止になった。

豊田市未来都市推進課の中神泰次課長は「関係者には大変、申し訳ありませんでした。今後は、原因究明を行ったうえで、これまで以上に安全を第一に考えて取り組みを進めていきたい」と話している。

試験走行の自動運転車が接触事故 実証実験は中止へ 愛知 豊田(NHKニュース)