フクロウと猫のコンビで話題 あのカフェが危機「個人の力では限界」

写真拡大 (全8枚)

コキンメフクロウの「フク」と猫の「マリモ」の種を超えた友情で知られている「フクロウコーヒー」。
新型コロナウイルス流行前は、地元・大阪だけでなく全国からお客さんが集まる有名な猫カフェでした。
そんな人気店が、なぜ存続の危機に? 店長さんに現在の様子を伺いました。


▲明るくおしゃれな店内で、約30匹の猫と触れ合えます

●店長の過労に、コロナが重なって…


「実は2019年後半は、休業していたんです」。
定休日なしで毎日お店に立ち、SNSやブログもすべて頻繁に更新していた店長さん。
そこにシニア猫の介護が加わったことで体調を崩してしまい、半年間お店を休むことに。このときは、コツコツ蓄えてきた資金で乗り切りました。

2020年に入りやっとお店を再開できたと思った矢先、緊急事態宣言が発令され、なかなかお店が開けられない状態に。
「4月から10月は営業自粛でほぼ売上げがなかった上に、この11月・12月は例年の9割減くらいでした。一般的に猫カフェは、肌寒くなった秋冬のほうがお客さんが増えるものなんですけど…」。
現在も平日は休業し、土日のみの営業が続いています。


▲フクとマリモが出会った2015年頃。一連の2ショット写真がきっかけで有名店に

▲こんなに大きくなってもフクが大好き!なマリモ

●猫カフェはもともと、静かで清潔な場所


感染対策が叫ばれ始める前から、フクロウコーヒーでは消毒・靴下着用が当たり前。
猫特有の感染症を防ぐため、入店するお客さんには必ず注意事項を守ってもらっていました。
大声ではしゃぐと動物たちがびっくりしてしまうこともあり、話し声は最小限。

新型コロナウイルス発生以降はそれに加えて、検温や券売機のボタンなど細かな部分のアルコール消毒、換気も頻繁に行うようにしています。
「静かで距離もとれるし、感染予防はしっかりしています」。


▲ヨツユビハリネズミのタワシちゃん

●運営資金が底を尽きそう


3階建ての「フクロウコーヒー」は猫カフェとしては大きめ。フクロウや猫以外にもいろいろな動物がいるので、お世話も大変です。
「光熱費や食費・清掃、お家賃。毎月の出費はかなりなものです」。資金に余裕はなく、売り上げは激減したままのため、古くなったケージを新しくしてあげるにも迷ってしまう状態。

そこで、クラウドファンディングに挑戦することに。
Campfireでプロジェクトを立ち上げました。当面の運転資金と、リフォームが目標です。

「クラウドファンディングでは、手数料やリターン(支援者へのお礼品)の製作費・発送費もかかるので、集まった金額の3分の1くらいは経費で消えてしまいます」
それでも挑戦したのは、閉店や規模縮小での移転は絶対に嫌だという気持ちがあるから。
「動物たちにとって居心地の良い場所をなくしたくない」。プロジェクトを通じて、より多くの人にフクロウコーヒーのことを知ってもらえたら…という願いがあります。


▲パスバレーフェレットのバタコ。いつも元気いっぱい!

●毎年人気のカレンダー


クラウドファンディングで完売が相次ぐカレンダーは、以前から「フクマリ」ファンの間で人気のアイテム。百貨店やバラエティショップで毎年販売されています。
リターンのお届け時期は2月なので「2021年もう始まってるけど、カレンダーでいいのかな?と戸惑っていたのに、選んでくださる方が多くて」驚いているそう。
「すごく好評なので、これから作成する2022年版のカレンダーを10月頃にお届けするプランを追加する予定です」と事前情報を明かしてくれました。

また、タオルやエコバッグは可愛らしすぎるかも…と迷われる方に選ばれているのが、オリジナルのコーヒー。最初はコーヒーショップだったので、豆の美味しさは折り紙つき。おうち時間にぴったりですね。

▲「ブレンドが好評だったので、シングルオリジンのリッチなセットも追加しました」と店長さん

コロナ不況に屈さず、動物たちが幸せに過ごせる場所を守ろうと、精一杯の努力を重ねていらっしゃる店長さん。お店の存続をかけたプロジェクトに賛同の声が集まっています。

●HUKULOU COFEE


大阪市北区中崎西1-9-7
土曜 13:30-19:00、日曜 13:00-19:00
平日は休業
※緊急事態宣言に伴い、営業時間を変更中。詳細は公式サイトをご確認ください。

http://www.hukuloucoffee.com/
Twitter:@hukuloucoffee
Instagram:@hukumari296

クラウドファンディングは2021年2月11日まで実施中
https://camp-fire.jp/projects/view/296923
▲アメリカンショートヘアのサバリン(左)と、ネザーランドドワーフのベンジー(右)