発達障害ではないと診断され失望 問われる責任を障害のせいにしたい心理

ざっくり言うと

  • 「『発達障害』と言いたがる人たち」の著者が、障害と社会の関係を考察する
  • 自分は発達障害であると訴え、問題ないと診断されると失望する人がいるそう
  • 思うように物事ができないのは、「障害のせい」だと思いたがっているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x