三菱ケミカルは2019年度から、部下がどれくらい有給休暇を取得したかを組織長の評価に加味する。同社は職場のあるべき姿の実現に向け30の宣言「三菱ケミカルは決めました」を策定し、その中に盛り込んだ。全員が長期休暇を取得しつつ業務を円滑化するには、職場内の会話がカギ。組織長にコミュニケーションの推進役となってもらう狙い。「部下に有給休暇をしっかり取得させた組織長には、その要素も加味した評価や認知を