インリン様のラストマッチは、230キロのボノちゃんに圧殺されるという壮絶なる最期!

写真拡大

5月24日(土)有明コロシアムで開催された『ハッスル・エイド 2008』。今大会でハッスルを去ることになったインリン様のラストマッチは、壮絶なフィニッシュで幕を閉じた。

インリン様とボノちゃんによる親子の決着戦は、インリン様が、がっぷりと四つに組んだ状態から230キロのボノちゃんを投げ捨てる場面もあったが、ベアハッグで流れを変えたボノちゃんは、コーナーにもたれかかったインリン様に串刺しのボディプレスを2発。更に、全体重を浴びせかけたボディプレスを敢行して、インリン様から3カウントを奪った。

試合後、インリン様を抱き起こしたボノちゃんは、インリン様と心の会話を交わし、そのわだかまりを払拭。最期は、インリン様を抱きかかえて、静かにリングを後にした。

その後、会場では、ハッスル史上でも初となるカーテンコールが行われ、インリン様という大役を果たしたインリン・オブ・ジョイトイさんが、ファンの前に再登場。目に涙を溜め、ファンの歓声に手を振って応えると、最後は深々とお辞儀をしてバックステージへと戻った。

また、セミハッスルでは、“坂田亘、負けたら店の権利書剥奪マッチ”として、坂田亘とボブ・サップの一騎打ち。坂田は、スーパーキックの連打から、ボディスラム、トドメのスーパーキックで、遂にサップの牙城を崩した。

試合後には、高田総統が登場すると、ハッスル最強を決めるハッスルGP2008の開催をぶち上げたのだった。更には、第3ハッスルでは、“HG負けたらハッスル追放マッチ”として、HGと川田利明が激突するも、川田が58秒で完勝。HGはマスクを脱ぎ、住谷正樹に戻ると、無言で控え室へと戻った。その他、全試合結果は下記の通りとなる。

ハッスル・エイド2008 全試合結果


メインハッスル インリン様ファイナルマッチ
×インリン様6分57秒
ママ越えプレス
詳細はコチラ
ボノちゃん○
セミハッスル 坂田亘 負けたら店の権利書剥奪マッチ
○坂田 亘9分14秒
スーパーキック
詳細はコチラ
ボブ・サップ×
第4ハッスル 6人タッグマッチ
アン・ジョー司令長官
ザ・ゴールデン・カップス1号
×ザ・ゴールデン・カップス2号
8分48秒
ギンガサルトプレス
池谷銀牙
ザ・グレート・サスケ
長尾銀河○
第3ハッスル HG負けたらハッスル追放マッチ
×HG0分58秒
スパイラルパワーボム
詳細はコチラ
“モンスターK”川田利明○
第2ハッスル タッグマッチ
○“ハッスル大将”天龍源一郎
RG
9分45秒
ラリアット
よしえちゃん
あーちゃん×
第1ハッスル 6人タッグマッチ
TAJIRI
×KUSHIDA
\(^o^)/チエ
12分36秒
DDC
鬼蜘蛛
ザ・モンスター℃○
ザ・キヌガワン・ピラニアン・モンスター