トヨタ社長が行ったコロナ対応は「深刻にならずに、真剣に。」

写真拡大 (全2枚)

2020年、新型コロナの感染拡大で世界の自動車産業も大きな打撃を受けた。ほぼすべての自動車メーカーが巨額赤字を計上するなか、トヨタ自動車は2020年4月〜6月期の連結決算(国際会計基準)では、当然のように純利益1588億円の黒字を叩き出した。しかも、2021年3月期の業績見通しは連結純利益1兆9000億円と上方修正して、急回復を遂げる予想だ。トヨタ自動車はいったい何を行ったのか、そして命運を分けたものは何だったのかを連載で明らかにする。本連載は野地秩嘉著『トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

トヨタは他社が真似できないことをやっている

危機管理と対処は実はどこの会社でもやっていることだ。そして、どこも特別、変わったことをやるわけではない。

たとえば…。

担当者を決める。会議を開く。情報を収集する。対策を決めて、実行する。

これに尽きる。

どの会社でも、こうした対処で危機を乗り越えてきた。トヨタだって、原則的なやり方は同じだ。

トヨタは数々の危機を乗り切ってきただけに、武器の種類もまた豊富だという。(※写真はイメージです/PIXTA)

ただし、トヨタは他社がなかなか真似できないことをやっている。たとえば、「社長や幹部に報告書を上げない」のは好例だ。トヨタでは社長や幹部たちは大部屋にやってきて、自ら危機の状況と対処を情報収集する。

社長自らが主導しない限り、こんなことはできない。トヨタは危機を乗り越える際、ちゃんと自分たちの武器を持って戦っている。そして数々の危機を乗り切ってきただけに、武器の種類もまた豊富だ。

この連載ではトヨタの危機管理が他の会社とはどこが違っているのか。特徴を抜き出して、解説する。

「困った」と口に出すだけで思考は停止する

「深刻に考えずに真剣にやろう」

この言葉は社長の豊田章男が三月一九日、自動車工業会の定例会見で述べたものだ。新型コロナ危機に際して、トヨタが社会に向けてリリースした第一声と言える。実際にはこんなことをしゃべっている。

「(新型コロナ危機になった今)我々自身が何をしていかなければいけないか…。

あえて、前向きな言葉を使わせていただければ“改革を一気に進めていく時”と捉えたいと思っております。(略)

『深刻にならずに、真剣に。』『みんなで助け合って、感謝しあう。』

道徳の授業のようですが、このトンネルの先に光を見出すためには、みんなでこれをやっていくしかないと考えております」

深刻ぶって危機に対処すると、いいアイデアが出てこない。「苦しい時には無理やりでも笑え」という言葉があるように、人は「困った」と口に出すと、本当に困ってしまうのである。

「困った」「どうしよう」と口に出すだけで思考は停止する。豊田が語ったように、「深刻にならずに真剣に」打開策を考えることだ。考える時も眦(まなじり)を決し、全身に気合を込めることはない。

池波正太郎の時代小説『闇の狩人』のなかにこんな一節がある。

仕掛人の頭目が「大切な考えはお互い、横になって考えようじゃないか」と自ら畳に横たわり、部下にも手枕になれと促すシーンがある。つまり、リラックスして困難に対処しようという意味だ。

本連載ではプロ野球の選手だったり、映画の登場人物や時代小説の主人公を例に挙げている。偉人や財界人の言葉でなく、彼らを例にしたのは、リラックスして読んでもらいたいからだ。

危機の中で肩ひじ張ってつっぱるより苦笑しながら楽しんでもらいたい。

危機の時、リーダーがすべきことはリラックス

さて、つまりいいアイデアはリラックスした時に生まれるのである。仕掛人の頭目のように、片手枕にならなくてもいいけれど、危機の時、リーダーが行うべき態度、アイデアを生み出すためにやることはリラックスすることだ。

同社、執行役員のおやじ、河合満は「新型コロナに際してはリーマンの時より、対処がよかった。社長も番頭の小林さんも一切、怒らなかったし、にこにこしていた」と語る。

「リーマン・ショックの時、僕は本社工場の工場長だった。あの時に僕は泣いて怒ったことがある。本社の部長連中は大変なことが起きた、大変なことが起きたと騒いでいたけれど、口だけだった。まったく危機意識はなかったんだ。とにかく金を使うな、出金(でがね)を抑えなきゃいかん、と。それしか対応策がなかった。

部長連中は事務所のなかにこもって一日中パソコンに向かっとる。僕は部長たちを集めて、ものすごく怒った。お前たち、こんな大きな赤字はトヨタ始まって以来だぞ、けれども、お前たちはパソコンに向かうだけで何も考えないし、体も動かさない。いいから、現場へ行け、と。

非稼働日も何日も作った。現場は全員出てきて、4S(整理、整頓、清掃、清潔)をやっていた。機械の勉強をしたり、人材育成も始めていた。それなのに、部長たちは口を開けば、危機だ、大変だ、困った、困ったと言いながら、何もしようとしなかった。

『お前ら、現場に行け。今なら人もいる、物もある、設備も空いとる。やろうと思えば、人材育成だろうが、いろんなことが全部できる。それをなんでこんなところで、困った顔しているんだ』と、僕はどえらい怒ったよ。もうほんと、あの時は泣けた。

今回の新型コロナはあの時よりもまだ大変だ。ところが、社長はほんとにこにこしながらでんと構えていた。

僕は大丈夫かと心配になって現場へ行ったら、現場の連中は勝手に人材育成やらロボットの点検を始めていた。うちの保全は優秀だからね。現場の連中は保全マンを呼んで教えてもらって、自分たちで機械を手の内にしようと補修を始めていた。

それから社会貢献だ。マスク、フェイスシールドを製造しようというのも現場からのアイデアだった。なかには小学校、中学校、幼稚園へ草刈りに行く連中もいた。

新しいラインを先取りして引いたりとか。日頃はやれないことを自分たちでやっていた。

『おやじ、もう来んでいいぞ』と言われたくらいだ。オレは、こんなにみんながいろいろやってくれたということが本当に嬉しかった。あとは、今回の記録をあとに残すことだな。でも、嬉しかったんだ、オレは」

リーダーはでんと構えて笑う。現場は上から言われる前に勝手に改善して、上司を感涙させる。そういった状態は余裕をもって危機を乗り越えようとしている証拠だ。

野地秩嘉
ノンフィクション作家