【動画】現役生活15年、3階級制覇 ″激闘王″八重樫東がYouTubeで現役引退を報告

写真拡大

 9月2日、プロボクサーの八重樫東がYouTubeに投稿した動画で、1日付で現役を引退したことを報告しました。引退表明の心境、ファンへの思い、今後の夢などを語っています。

 15年のプロ生活で3度世界チャンピオンの座に輝いた八重樫は、コロナ禍で試合数が減るなか、「どれだけ現役を保てるか」と自問自答をしてきたそうです。引退の意思を伝えた際、大橋秀行会長も含め周囲は八重樫の身体を心配していたそうで、すんなり受け入れてもらえたとのことです。ファンらからは「まだ現役で行ける」との声が上がっていることについては「できるっちゃ、できる」と回答。そのうえで「そんなに甘い世界じゃないってのを知ってます」と述べました。
 引退後の夢については大橋ジムを盛り上げていくことだとし、まずは自身の教え子である中垣龍汰郎を世界チャンピオンにすることが目標と明かしています。YouTubeチャンネルは今後も更新を続けていき、「(ボクサー)の新しい一面を見れるいい機会になればいいかな」と思っていると語りました。

<◆時間メモ>
※YouTubeページにジャンプします
・現役引退を報告
・引退を決意した現在の心境
・引退を伝えたときの周囲の反応
・引退後にやりたいこと
・現役を振り返って辛かったこと
・現役を振り返って良かったこと
・現役生活を終えて悔いに残っていること
・「まだ現役でいける」という声について
・客観的に八重樫東を評価すると
・ファンの存在の大きさについて
・大橋秀行会長の存在も大きかった
・引退した今、家族に対して思うこと
・引退後の次の目標について
・今後のYouTubeチャンネルの活かし方
・ファンへのメッセージ


「八重樫東」をもっと詳しく

  • 「LEGEND」で夢カード実現 八重樫東氏vs京口紘人、武居由樹vs木村翔
  • ボクシングの元世界3階級制覇王者 八重樫東が引退表明
  • 八重樫東9回TKO負け 日本人男子最年長での世界王座奪取ならず