首里城の美術品、少なくとも420点が焼失か 琉球王国時代の工芸品も

ざっくり言うと

  • 首里城収蔵の美術品少なくとも約420点が、焼失した可能性が高いと分かった
  • 正殿などに展示、保管されていた琉球王国時代の工芸品が含まれているという
  • 残る美術品1000点余りは、耐火性の収蔵庫に保管されていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x