商品力を維持向上するために最新の装備を取り入れている イヤーモデル、商品改良、マイナーチェンジ……言葉は異なっても、最近のクルマは早ければ毎年、遅くとも3年に一度は改良を実施する。その内容は、エンジンやトランスミッションを見直すといった機能面での進化であったり、内外装のブラッシュアップといった目に見える部分の変化であったりするが、いずれにしても商品力アップが最大の目的といえる。 理想論でいえば完