新型コロナウィルスの影響がますます大きくなってきました。7月に迫っている東京五輪も期日どおりに開催できるのかという話まで出てきています。

数多くのスポーツが集まる祭典ですから、種目によって延期された場合の影響度合いは違ってくると思います。その中でサッカーやゴルフなどは開催時期がずれたとしても、サッカーは自分のチームでの大会やワールドカップがありますし、ゴルフは他のトーナメントがあるので、選手生活への影響は比較的小さくて済むかもしれません。

ですが、特にアマチュアスポーツで五輪を頂点とし、この大会でいい成績を収めることが将来につながるようなスポーツだと、開催時期がずれる影響は大きいと思います。

試合日程が大きくずれてしまうと体が成長してしまって不利になる競技や、ピークを合わせるのに長い時間がかかる競技は本当に大変でしょう。そうでなくても、たとえば1年経つと、状況もメンバー選考も変わってきます。現在の経済活動の停滞もスポーツに影響してくるかもしれません。

そういう競技の選手のことを考えると、簡単に「1年ずらそう」などという意見を発言することはできなくなると思います。ですが、僕は五輪も大切だけど、一番大切なことではないんじゃないかと思います。

スポーツのために、選手の健康や安全、命を犠牲にしてはいけません。アスリートの生命が一番尊重すべきことではないかと思います。その意味では、今後の状況によっては延期という判断も仕方がないはずです。

もっとも現時点ではまだどうなるか分かりません。一刻も早い新型コロナウィルスの影響の収束と、体調を崩されている方の回復を祈ります。